外壁塗装の役割って?

外壁塗装の役割って?

新築の家も数年、数十年後には老朽化して耐久性を高めるために、そして見た目をよくするためにもリフォームが必要となります。外壁塗装にはいろいろな種類がありますが、外壁塗装は、家屋を雨や風による腐食や紫外線などの外の影響による劣化や老朽化を防ぐために、施すことを言います。

 

わたしたちを取り巻く生活環境は、数十年前に比べると大きく変化しており、紫外線の放射量が強くなり、さらには酸性雨と呼ばれる現象が起こることもあります。
家屋を長持ちさせるには、単に外からの見た目を良くするだけではなく、外壁塗装を行うことで耐久性をより強化するとともに、外側からの音を遮断するなど、さまざまなメリットがもたらされます。

 

外壁塗装の役割のひとつは、カラーリングにより、景観をより美しくすることです。
外壁塗装に質感の高い素材が用いられることで、新築のような感じを出すことができます。

 

紫外線は、年々放射量が強くなっており、わたしたち人間は、外に出るときには日傘をさしたり、日焼け止めクリームを塗ったりして、紫外線によるお肌への悪影響をある程度軽減することはできますが、家屋は日焼け止めや紫外線対策をすることができないため、外壁塗装を施すことにより、紫外線によるリスクを軽減させることができます。

 

外壁塗装を施すことで、住宅の素材を守り、劣化を防ぐことができるので、長持ちさせることができます。
外壁塗装は、最短で1週間程度の工程ですから、それだけでこの先10年以上も家の寿命が延びると思えばたやすいことです。