外壁塗装の役割って?

塗料に使われる原料

外壁塗装に用いられる原料には、どのようなものがあるのでしょうか。
外壁塗装の目的や用途によっても、原料の選び方が変わってきますので、ひとつひとつの素材の特徴やメリット、デメリットなどを知っておくことが肝心ですね。

 

外壁塗装で使われる原料のことを塗料と言い、その種類は実に豊富で、フッ素塗料、シリコン塗料、ウレタン塗料、アクリル塗料の4種類に分類されます。
これらの4種類の塗料は、外壁の状況や用途、目的に合わせて、もっとも適していると思われる素材を選び、外壁塗装の施工が行われます。

 

これらの4種類のうち、いずれかの塗料を用いて、外壁塗装の施工を行う場合に、1度だけではなく、数年後にはまた塗り替えが必要となります。
それぞれの塗料の種類について、塗り替えの時期を見ると、フッ素塗料は15〜20年、シリコン塗料は12〜15年、ウレタン塗料は8〜10年、アクリル塗料は6〜7年程度です。

 

塗り替えの時期が長いということは、その分、その素材の耐久性が高く、グレードアップされるということですが、やはりその分、価格は高くなります。
しかし、価格が安い塗料で頻繁に塗り替えをするよりは、塗り替えの年数が長いほうが、長い目で見れば低コストになります。

 

4種類の中でもっとも価格が安いのはアクリル系で、とくに塗料を指定しない限りは、ほとんどの住宅でアクリル系の塗料が用いられているようです。
近年は、ウレタン系の塗料がよく用いられており、アクリル系と比較すると、塗膜が柔らかい仕上がりになり、低コストで機能性も抜群です。

 

シリコン塗料は、ウレタン塗料よりも、汚れが目につきにくく、価格はほぼウレタン系と同じ程度です。
フッ素塗料は、外壁よりは屋根材の塗料として用いられる機会が多いようです。
15〜20年は、塗り替えをしなくて良いということですが、立地条件などによっても格差が生じることもあります。

 

近年は、外壁塗装の技術や素材の質が向上しており、光触媒による技術が導入された塗料やセルフクリーニングの効果を持つナノテク塗料なども普及してきました。
外壁塗装に用いられる塗料には、それぞれ特徴が異なり、メリットやデメリットをよく理解した上で、最適と思われるものを選びましょう。