外壁塗装の役割って?

外壁の耐久性

家屋のリフォームで外壁塗装の施工を行う場合に、外壁素材には、どの程度の耐久性があるのでしょうか。
外壁塗装を行う前には、まずは素材選びから始まります。
そして、用途や目的、家屋の状況、立地環境などに合わせて、もっとも適していると思われる素材を外やはり壁塗装専門の業者が、アドバイスをして選んでくれます。

 

ひとつひとつの塗料について、耐用年数が各メーカーのカタログなどに記載されています。
一般的に、アクリル系の塗料は6〜7年、ウレタン系の塗料は8〜10年、シリコン系の塗料は12〜15年、フッ素系の塗料は15〜20年とされていますが、その土地の気候や空気環境などさまざまな条件により、必ずしもカタログに記載された通りの耐用年数であるとは限りません。

 

一般の住宅の外壁塗装には、価格が高くて耐久性がもっとも長いとされるフッ素系よりは、ウレタン系の塗料で十分だと判断する業者も多いようです。
耐用年数が長い塗料を選ぶことで、外壁塗装の施工後に長年、放置することもありますので、長くても10年ごとに塗り替えをするほうが、その都度、外観も良くなり、劣化を防ぐことができます。

 

近年は、外壁塗料にも付加価値が求められるようになり、省エネタイプの塗料やナノテクノロジーが導入された塗料も人気が高いようですが、やはり一般の塗料と比較すると価格が高くなり、コスト高になります。

 

塗料によっては、汚れがつきにくい素材もありますが、どんなに高機能で高価な素材を用いたとしても、やはり10年もたてば見た目が衰えてきますので、数年ごとに塗り替えることを考えると、コストパフォーマンスの良さで素材を選ぶことも必要ですね。